最近気になる投資型クラウドファンディング。そのメリットとは?

クラウドファンディングは、少ない資金から投資できる手法として人気が高まってきています。しかし、クラウドファンディングのシステムが理解できず、投資に踏み出せない人もいるのではないでしょうか。クラウドファンディングの中でも投資型クラウドファンディングは仕組みが複雑なものもあります。

そこで、投資型クラウドファンディングの中で主流である「株式型」「融資型」「ファンド型」、それぞれの特徴をお伝えします。

株式型、融資型、ファンド型のクラウドファンディングの特徴

それでは、投資型クラウドファンディングの3つの種類である株式型、融資型、ファンド型それぞれの特徴を説明しましょう。

株式型クラウドファンディングは未上場の中小企業やベンチャー企業の株式を購入し、その株式を売買することで投資家が利益を得る仕組みです。投資資金は1社当たり年間50万円と上限が決まっています。日本ではまだ数社しか株式型クラウドファンディングのプラットフォーム運営会社がありません。

融資型クラウドファンディングは、日本のクラウドファンディング業界の中で最も資金調達額の大きい形態です。資金が必要な会社に、運営会社を経由して投資家から集めた資金が貸し付けられ、貸した資金の金利を投資家が受け取るものです。

ファンド型クラウドファンディングは、商品やサービスの開発などの事業に資金を投資し、プロジェクトが設定した分配基準をもとに分配する仕組みです。主に、分配金を得ることができます。

株式型、融資型、ファンド型クラウドファンディングのメリット

株式型クラウドファンディングのメリットは未上場の株式に投資をできる点にあります。その会社が上場すれば、株式が値上がりする可能性もあり、売却した時に大きな利益を得られる可能性がゼロではありません。また、複数の会社の株式に投資をすることも可能なので、IPOをする企業の株式を買付けするより、さらに有利な条件で株式を購入できるのです。株式型のクラウドファンディングを活用すれば、企業も未上場の状態で多くの投資家から資金を集められるメリットがあります。

融資型の場合で得られる分配金は金利や元本から捻出するので、手堅く利益を得られます。毎月資金が分配されるファンドもあるので、毎月得た収入をさらに投資に回せば、複利効果も期待されます。

ファンド型は株式型と似た側面があり、株式型は企業に投資するのに対し、ファンド型は事業やプロジェクトに投資をします。企業を支援するという意味合いでは同義ですが、ファンド型の場合は株式型とは違い、満期日があります。自分が見込んだ企業のプロジェクトが成功すれば満足感を得られますし、社会的意義も大きなものを感じられるでしょう。もちろんプロジェクトの収支状況によってはリターンも受け取れますし、商品開発などに支援をするプロジェクトが成立すれば、自分が欲しいと思った商品が開発され、いずれは店でも見ることができる日がやってくるかもしれません。

最近では事業投資だけではなく、不動産をファンド化して投資をするクラウドファンディングも登場しています。

株式型、融資型、ファンド型クラウドファンディングのデメリット

株式型クラウドファンディングのデメリットは、買付けした株式が値上がりしない点にあります。なぜなら、必ずしも選んだ会社が上場するとは限らず、未上場のまま株式を保有し続けなければならない可能性もあるからです。

また、プロジェクトによっては、未上場の株式の売却には時間がかかる場合もあります。上場株式のように流動性が高く売買しやすいというわけではありませんので、あわせて留意しておく必要があります。

融資型のクラウドファンディングで得られる報酬は金利をもとにしているので収入を得ることができます。ただ、融資先が倒産すると資金を回収できない可能性が出てきます。とはいえ、融資の際にクラウドファンディング運営会社が設定した担保を売却して一部は資金を回収できますが、それでも投資額が100%戻ってくるとは限りません。

ファンド型クラウドファンディングは、プロジェクトの収支状況によっては分配金が多く支払われますが、収支が悪ければ、分配金が支払われないこともあります。そのため、償還を迎える時に投資した金額分を回収できるかどうかはプロジェクトの状況によることに注意をしてください。

ファンド型クラウドファンディングで不動産に投資をしているものの場合は、プロジェクトなどの事業投資に比べてリスクが低いものや利回りが低くても安定して資金回収ができるものもあります。

投資型クラウドファンディングは投資先をよく見て検討を

投資型クラウドファンディングは元本保証ではありません。また、分配金等の収入は雑所得に分類されるため、株式投資等と損益通算することはできません。しかし、新しい投資の形として徐々に世の中に受け入れられつつあります。少額投資を検討するのであれば、投資型クラウドファンディングも候補にしてみてはいいかがでしょうか。