REITはリスクが高い or 低い? 比較してみよう

REITとは、不動産投資信託を上場させた商品です。そのため、投資物件や株式市場の影響を受けて価格が変動します。現物不動産に比べると、随分と少額に投資ができるのがREITのメリットでしょう。REITは不動産と株式の中間のようにも思われますが、リスクは高いのか、それとも低いのか、考えてみましょう。

REITと不動産投資信託の違い

REITは不動産投資信託を上場させたものだと冒頭説明しましたが、両者は似ているようで似ていません。
REITは、投資家から資金を集めた不動産投資法人が物件を運用・売買している投資信託です。不動産投資法人は事業会社の形態をとり、REITとして上場する時に投資家から調達した資金をもとに不動産を使って運用し、運用益(家賃収入や利息収入)や売却益を投資家に分配金として支払っています。そのため、株式等に比べて利回りが高く、機関投資家といわれるプロ投資家たちからも需要があります。

REITの投資物件は銘柄によって異なりますが、1物件に集中投資しているわけではなく、投資物件は分散されています。そのため、REIT1銘柄に投資をすることで、複数物件の不動産大家になるのと同じ意味合いになります。ちなみに、REITは株式等と同じように売買ができるため、流動性が高く、売買手数料や運用コストは投資信託よりも安価です。

一方、不動産投資信託は、金融機関で買付けができる投資信託です。商品にもよりますが、日本の不動産に投資をする不動産投資信託の場合は、上場REITの中から投資対象をいくつか選び投資を行います。そのため、個別のREITよりも分散効果が働き、リスクが低減されるのが特徴です。

複利効果からREITを考えてみる

不動産投資信託では、毎月分配型の不動産投資信託も多数販売されています。その中で分配金の受け取り方を再投資にすることで、投資元本が増えていき、複利のメリットを受けることができます。

一方、REITは分配金が出たら同じ銘柄に投資を行うことで、理論上は複利効果を得ることができます。しかし、分配金を買付けするには手間暇がかかります。証券会社で株式数比例配分方式を選択すれば、REITの分配金は証券口座に自動入金されますが、通常は分配金の領収証が家に送られ、郵便局等で受け取ることになります。

受け取った資金を証券会社に振込み、同じ銘柄に投資をするには、手間もかかりますし、振込手数料もかかりますので、再投資をして複利効果を得ようとしても、時間を要するものだと覚えておくとよいでしょう。

REITはリスクが高いのか、低いのか

ここまで、REITと不動産投資信託の違い、複利効果について考えてみました。それでは、結局REITはリスクが高いのでしょうか。それとも低いのでしょうか。

REITに分散投資をしている不動産投資信託に比べると、REITは個別銘柄に近い側面があるのでリスクは高いと言えるでしょう。一方、上場している銘柄という観点でいえば、個別株に比べるとリスクは低いと考えられるのではないでしょうか。個別株は、その会社が上場廃止になれば株式の価値がなくなります。しかし、REITは複数物件に投資を行っているため、物件自体に大きなインパクトがなければゼロになる可能性は低いのです。そのため、株式等に比べるとREITはリスクが低いと言えます。

もちろん、REITも銘柄によっては激しい値動きをする銘柄もありますので、REITのすべてが、株式の個別銘柄よりもリスクが低いわけではないことは忘れないでください。

REITで不動産投資の検討を

ここまでREITについて考えてみました。REITは投資信託でありながら上場しているため、株式等と同じ投資手法と流動性を持ちます。現物資産の不動産にいきなり投資をするのが怖いならば、REITを通じて間接的に不動産オーナーになり、不動産投資を体験してみてもいいかもしれません。