少額投資非課税制度に追加される「つみたてNISA」ってどんなもの?

つみたてNISAは、平成30年(2018年)1月から始まる少額投資非課税制度の一種です。一般NISA、ジュニアNISAに続いて三番目のNISAが誕生することになります。これまでのNISAと同じように、非課税投資枠内で投資した分から得た分配金や譲渡益に対しては課税されません。

つみたてNISAはその名のとおり、投資信託等を毎月積み立てる制度です。どのような仕組みになっているのでしょうか?

少額投資非課税制度のなかでも使いやすい「つみたてNISA」

今までのNISAと違う点は、投資金額とその期間です。
●非課税投資枠は年間40万円
●非課税期間は最長20年間
●平成30年(2018年)から運用開始した場合の合計限度額→毎年40万円×20年間=800万円

この期間、非課税投資枠内で投資して得た分配金や譲渡益に関しては、すべて非課税になります。一度に多額の資金を投資するのではなく、少額を毎月積み立てて行くことができるため、初めて投資を経験する人だけでなく、将来の子どものための教育資金や老後資金など資産形成をする世代にも利用しやすくなっています。

一般NISAとの大きな違いは、対象商品が「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」となっており、要件が定められていることです。たとえば、販売手数料をゼロにするなど初心者でも取り組みやすい形態となっています。申込みは、つみたてNISAか一般NISAのどちらか一方を選択することになります。両方に申し込むことはできないので注意が必要です。

つみたてNISAと一般NISAの違い

(金融庁特設ページを参考にして作成)
※販売手数料がゼロであること、信託報酬が一定水準以下であること、分配頻度が毎月でないことなど、の要件があります。

分散投資・長期投資には「つみたてNISA」

投資を始めるときに誰もがまず不安に思うのは「損をするのではないか」ということではないでしょうか。投資をすれば必ず価格の変動などによるリスクが伴いますが、資産や時間を分散させ、タイミングをずらしながら一定金額を長期にわたって投資していくことで、そのリスクを抑える効果があります。

このように、時間を分散させて一定金額を長期間積み立てる方法を「ドルコスト平均法」と呼びます。投資信託の基準価額が高いときには口数を少なく購入し、低いときには多く購入できるため、長い目でみればリスクの低減につながります。

投資にとって、時間は強い味方です。投資期間が長ければ、その期間分の複利運用ができるため、リターンの期待もできることでしょう。

また、投資の世界には「卵は一つの籠に盛るな」という格言があります。これは、分散投資の重要性を謳ったものです。この格言どおり、特定の銘柄だけに投資するのではなく、投資信託のように複数の銘柄に分散して投資することで、リスクを抑える効果があります。

教育資金の準備に、つみたてNISAを活用した場合

Aさん(35歳)が、子ども(7歳)の教育資金をつみたてNISAで積み立てる場合、次の3点をポイントとして考えてみましょう。

1. 大学卒業までにあと何年あるか?
2. 毎月、いくら積み立てるのか?
3. 何%の運用利回りがよいのか?

大学卒業までの15年間(180ヵ月)、毎月3万円 を積み立てるとした場合、運用利回りが1%と3%のシミュレーションは、次のようになります。

3万円×180ヵ月=540万円
運用利回り年1%で運用する場合…約583万円
運用利回り年3%で運用をする場合…約680万円

上記のように、運用利回りが変われば想定リターンも変わります。ただし、運用利回りが高くなれば、その分リスクが高くなることにも注意しましょう。

つみたてNISAは長期間の資産形成の味方

このように、つみたてNISAは長期投資に向いている投資方法であることがわかりました。教育資金以外の資金を積み立てる場合も、上記のポイントをおさえながら、安定的に運用するものと積極的に運用するもののバランスを考え、それぞれにふさわしい商品を選びましょう。