投資型の中では最大規模!融資型クラウドファンディングのメリット3つ

インターネットを通じて不特定多数の人から資金を募る「クラウドファンディング」が規模を拡大させています。中でも「融資型」のタイプは、新しい資産運用の手段としても注目を集めています。融資型クラウドファンディングのメリットについて紹介していきましょう。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは「群衆」や「大勢の人」を意味するcrowd(クラウド)と、「資金調達」を意味するfunding(ファンディング)を組み合わせた言葉です。ビジネスや社会貢献などの目的で資金を必要とする企業や個人が、インターネットを通じて一般の人々からお金を集める仕組みで、次の3つのタイプに分類できます。

資金を出す代わりに、商品やサービスの提供を受けられる「購入型クラウドファンディング」は、買い物のような感覚で出資できるのが特徴で、商品やサービスの提供が出資リターンになります。

「寄付型クラウドファンディング」は文字どおり、寄付が目的です。出資者に見返りはなく、社会貢献を目的に資金調達が行われています。そのため、ある一定の基準が満たされる場合には、寄付金控除や寄付金特別控除が受けられます。

これに対し、「投資型クラウドファンディング」はいわゆる投資と同じで、リターンの結果によって損することも利益を得られることもあります。投資型クラウドファンディングはさらに3つに分類でき、資金を必要とする人に一定の利率でお金を融資し利息をつけて返済してもらう「融資型」(本稿で紹介するタイプ)、非上場企業の株式に投資する「株式型」、および出資した事業の収益に応じた分配金をリターンとする「ファンド型」があります。

融資型クラウドファンディングは、貸付型あるいはソーシャルレンディングとも呼ばれ、日本国内のクラウドファンティングの中で最も普及しています。

クラウドファンディングを仲介するプラットフォームサービスの提供企業が、複数のプロジェクトや融資案件をまとめるファンドを組成し、インターネット上で出資を募るのが一般的です。国内だけでなく、新興国など海外のプロジェクトに投資するファンドもあります。

中でも、不動産会社などが組成する不動産物件を対象とするファンドは人気が高く、出資希望者が殺到して抽選になるケースも珍しくありません。

融資型クラウドファンディングの3つのメリット

それでは、融資型クラウドファンディングにはどのようなものがあるのかを確認しましょう。利回りの良さ、少額投資ができる、満期がある――の3つの点から考えてみます。

●利回りが良い
案件により差はありますが、ファンドのリスクに応じて4〜8%程度の利回りが設定されることが多いようです。銀行預金では得られない高利回りであることから、個人投資家から資金が集まっています。ただし、元本保証商品ではないため、預金のように考えることはできませんが、分散投資先の有力な選択肢のひとつとして活用するといいでしょう。

●少額投資ができる
クラウドファンディングで出資できる下限額は、仲介するサービスにより異なりますが一口1
万円から投資ができるプラットフォームもあります。大きなお金を出資するのは不安だという人や少額から投資を始めてみたいという人にとっては、少額投資ができる点は魅力ではないでしょうか。

●満期がある
出資対象となるファンドには期限が設定されています。そのため、満期が来れば投資家は出資金が返済されます。期限はファンドによって異なるので、満期までの期間(残存期間)がどれくらいあるのかを確認したうえで投資を検討しましょう。

利回りが同じでも期間が長い方が受け取る分配金額は殖えますが、投資家はお金を預ける期間に応じてファンドを選択できます。そのため、短い期限のファンドに投資して、慣れてきたら長い期限のファンドに出資するのも一案です。

リスクも理解しておこう

融資型クラウドファンディングにはリスクもあります。元本保証商品ではないため、延滞や焦げ付き(融資金が回収不能になること)で、出資金の返済や予定していた分配金を受け取れなくなるおそれもゼロではないのです。

リスクを抑えたい場合は、不動産に担保権を設定しているファンドや不動産に投資するタイプのファンドを選ぶ選択肢もあります。また、クラウドファンディングの仲介サービスを展開する企業の倒産といった信用リスクがあることも覚えておきましょう。

メリットとリスクを理解し、融資型クラウドファンディングを効率的に利用してみてはいかがでしょうか。