投資型クラウドファンディングで株式投資をするときのリスクとは?

市場規模が拡大しているクラウドファンディング。その中でも新しい資産運用の手段として注目を集めているのが、投資型クラウドファンディングです。さらにそのうちの類型の一つ、未上場株式に投資ができる「株式型クラウドファンディング」は、日本ではプラットフォームも少なく、注目を集めている市場の一つだといえます。

ただし、ハイリターンの商品には高いリスクがつきものです。そこで、株式型クラウドファンディングで投資する際のリスクを理解しておきましょう。

株式型クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは、社会貢献や新ビジネスの展開などの目的で資金を必要とする企業や組織、ひいては個人が、インターネットを通じて一般の人々からお金を集める仕組みです。大きく分けて3つのタイプがあり、資金を出す代わりに商品やサービスをリターンとして提供する「購入型」、出資者に特段の見返りがない「寄付型」、および投資を目的とした「投資型」(本稿で紹介するタイプ)があります。

投資型クラウドファンディングは、余裕資金を投じて資産運用し、利益を得る目的として活用されており、前述の購入型および寄付型よりも市場規模が大きくなっています。投資型はさらに3つのタイプに分類され、資金を必要とする人に一定の利率でお金を融資し満期が来たら利息をつけて返済してもらう「融資型クラウドファンディング」、非上場企業の株式に投資する「株式型クラウドファンディング」(本稿で紹介するタイプ)、および事業収益から分配する「ファンド型クラウドファンディング」があります。

市場規模が大きく人気が高いのは融資型ですが、ここ数年で株式型プラットフォームが誕生し、注目が集まっています。
株式型クラウドファンディングでは、非上場企業の未公開株式に投資できることから、その企業の成長によっては大きな利益を狙える点が最大の魅力です。投資先の企業が上場したり、大手企業に買収されることがあれば、投じた資金が数倍になって返ってくる可能性もあります。

また、非上場企業の株式投資には詐欺まがいの勧誘もかつてはありましたが、2015年に金融商品取引法が改正され、金融商品取引業者等に対する規制が強まりました。株式型クラウドファンディングにおける投資家保護ルールが制定され、投資家保護が強められたことから、以前より投資しやすくなりました。

株式型クラウドファンディングの3つのリスク

しかしながら、ハイリターンの投資には必ず高いリスクが伴うことは肝に銘じておく必要があります。株式型クラウドファンディングには、主に次のようなリスクがあります。

●一度投資すると換金しづらい
上場株式は取引時間内であれば自由に売買することができます。しかし、株式型クラウドファンディングで投資できるのは非上場の株式です。そのため、株式を自由に売却できなかったり、新規募集がなければ買い増すことができません。譲渡制限があるプロジェクトもあり、そもそも換金が難しいといわれています。

株式型クラウドファンディングで投資をするには、あくまで長期保有を前提に、投資先企業を長い目で応援する余裕が必要です。

●資金を回収できず、倒産の可能性も
投資先はベンチャー企業である場合が多いです。そのため、すべての会社が継続的に利益成長できるとは限りません。最悪、倒産するおそれもあり、もし倒産すれば、投資した資金が全く回収できないということもあり得ます。

成長性が高く、倒産リスクが低い会社に投資することができれば良いのですが、その判断も容易ではありません。企業の財務状況を示す有価証券報告書を公表していない非上場企業もあり、企業の「体力」を知ることが難しい場合もあります。

ある程度の情報は仲介サイトで公表されてはいるものの、必ずしも投資の安全性を保証しているわけではないことに注意しましょう。

●利益がいつ出るかわからない
もし、投資先の企業が上場したり大手企業に買収されれば、大きな利益を期待できます。しかし、その日がいつやってくるのかは投資する時点ではわかりません。融資型クラウドファンディングが利回りも償還時期もあらかじめ決まっているのに対し、株式型クラウドファンディングは投資時点で将来の予測をするのは難しい場合が多いです。

株式型クラウドファンディングを始める時は投資先を慎重に見極めること

株式型クラウドファンディングは企業の成長を応援できる夢のある投資ではありますが、リスクは決して低くはありません。そのため、1社当たりの投資金額は一人50万円までと制限されています。投資する場合はこれらのリスクを十分に理解し、投資先企業を慎重に見極めるようにしましょう。