少額でもスタート可能!1万円から始める投資方法

投資には1万円から始める方法があり、以前に比べるとずっと身近な存在になりつつあります。中には数百円、数千円の資金で投資を始めることができるものもあります。1万円から始められる投資方法にはどのようなものがあるのか、一緒に考えてみましょう。

1万円で好きな銘柄に投資できる株式累積投資(るいとう)

通常、株式投資といえば、数十万円、数百万円規模の資金が必要だと思う人もいるのではないでしょうか。ただ、投資手法を変えれば株式も1万円から購入できるようになります。その投資手法が株式累積投資(以下「るいとう」)です。るいとうでは、特定の銘柄を毎月1万円以上購入します。金融機関によって対象銘柄は異なりますので、目的の銘柄の取り扱いがある金融機関で口座を開設する必要があります。証券口座に資金を入金しておくほか、銀行口座からの引落ができる場合もあります。

るいとうは、いくつかの銘柄に投資をすることでリスク分散ができますが、一つの銘柄に対象を絞っている場合は、一点集中の買い方と見ることもできます。その場合、投資をしている銘柄が上場廃止になると、資産価値がゼロになるおそれがあります。一方、業績が良くて株価が上昇すれば、期待した以上の運用成果が得られる場合があります。

また、るいとうは、100株などの単元株になれば通常の株式同様に売買することが可能になります。ただし、端数が生じる単元未満株の場合は、証券会社の取引形態にあわせて売却等を行う必要があるので、注意が必要です。

るいとうの売買手数料等の諸経費は選択する金融機関によって異なります。諸経費を抑えることで最終的なパフォーマンスが変わりますので、いくつかの金融機関の諸経費を見比べる必要があります。

1万円で不動産市場を狙うならREITやETF

マンションやビルを購入するには何千万円、何億円という多額の資金が必要です。しかし、REIT(不動産投資信託)を利用すれば不動産への少額投資が可能になります。REITを利用する場合の投資額最低10万円程度が必要ですが、ETF(上場投資信託)を通じてREITに投資することで1万円程度で始めることができます。

現物不動産で投資の分散効果を得ようとするならば、資金的な余裕が必要です。融資を受けるにしても、高収入の人や担保にできる資産がある人などでないと、融資の審査を容易には通過できません。その分REIT-ETF(REIT指数に連動するETFのこと)であれば、REITの分散だけではなく、REITをいくつか集めたETFとしてパッケージされています。一度の投資で投資先が数十にもなるため、分散効果を狙いたいならREIT-ETFを検討してもよいでしょう。

不動産への少額投資 クラウドファンディングという方法

最後に紹介するのは、クラウドファンディングを通じて不動産に投資をするという方法です。REITやREIT-ETFを用いて不動産に投資することもできますが、クラウドファンディングでも不動産投資が可能です。

クラウドファンディングとは、インターネット上で投資を募りたい人や企業と、投資をしたい人を結びつける役割をしています。不動産投資クラウドファンディングの場合は、その対象が不動産というわけです。ファンド型として運用するものが多く、出資者のお金を匿名組合ファンドに集め、不動産の売買や管理をするファンドが一般的です。

プラットフォームやプロジェクトによって最低購入金額が10万円、1万円などと定められているほか、年限も数年で運用利回りが年利3~5%程度のものが多いようです。プロジェクトによっては、不動産の評価額がある程度下落したとしても、運営会社がその下落分を補ってくれるという方式を採用しているものもあります。投資する不動産の目利きに優れているプラットフォームであれば、将来のリターンも想定しやすいのではないでしょうか。

プラットフォームの方式や投資物件の見方をよく調べておくことで、低リスクで安定的なリターンを得られるのが不動産投資クラウドファンディングの利点だと言えるでしょう。

投資は1万円からでも早めに始めるのが吉

「貯蓄から資産形成へ」の流れを政府が推奨し始めてから随分と時間が経ち、20代や30代の若い年代でも資産運用に関心を持つ人が増えています。ここで紹介した中から関心が高い投資方法を選び、詳細を調べるだけでも資産運用に関する知識が深まります。今回紹介した投資方法以外にもさまざまなものがありますが、自分にあった資産形成方法を見つけるために、まずはいろいろと研究してみましょう。そして、将来のために一日でも早く投資を始めることが吉とでるのではないでしょうか。