ローリスクの「個人向け国債」。実は最強の投資商品!?

「投資を始めてみたいけど、リスクはあまり取りたくない」という人が金融機関で相談すると、個人向け国債を紹介されることがあります。実際に個人向け国債はリスクが低く、初めて投資を体験する人にも取り組みやすい金融商品です。そこで、個人向け国債の特徴とメリット、リスクを知り、一歩進んだローリスク投資を考えてみましょう。

ローリスクの投資方法、個人向け国債とは

個人向け国債について説明をする前に、国債という金融商品の概要を確認しましょう。国債とは、国が発行する債券のことを指します。元本や利子の支払いは国が行い、日本が破綻することが投資におけるリスクになりますので、リスクはかなり低いといえます。

国債にはさまざまな種類がありますが、その中で個人のみが購入できるのが個人向け国債です。個人向け国債は3種類に分かれており、内訳は「10年変動金利型」「5年固定金利型」および「3年固定金利型」です。

個人向け国債の種類

(財務省HPを参考に作成)

10年変動金利型は、半年毎に実勢金利を反映したうえで適用利率が変更されます。一方、固定金利型は償還を迎えるまで利率は固定されるのが特徴です。金利が上昇するインフレ局面の場合は半年毎に適用利率の見直しが行われる10年変動金利型の方が良いでしょう。一方でデフレ局面になる、あるいは満期時の受取総額が固定される方が良いと思うなら3年固定金利型または5年固定金利型を検討しましょう。

個人向け国債のメリット

個人向け国債は毎月発行されるだけではなく、取扱金融機関が多いのが特徴です。証券会社だけではなく、銀行や信用金庫でも購入ができるので、いつも利用している銀行等でも始めることができます。

個人向け国債は1万円単位の少額投資ができるのもポイントの一つです。債券の中には数万円、10万円などの単位ではないと始められないものもありますので、初めて投資する人でも始めやすい金融商品だといえます。

また、個人向け国債は発行してから1年経過すれば売却することができますが、売却する時は直近2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれて戻ってきます。他の利付国債は債券単価が101円や99円など変動するため、単価が下がればその分損失を被るおそれがあります。

個人向け国債はペーパーレス化(券面を発行しない)されています。これは、紙ベースでは保管されないということですので、紛失したり盗まれる心配はありません。

個人向け国債のデメリット

個人向け国債はお金を守るための金融商品だという位置づけです。お金を殖やしたいと思う人にとってはリターンが低いことがデメリットだといえるでしょう。

また、個人向け国債は発行してから1年経過しないと中途換金できないのがデメリットです。例外として、自然災害や本人が死亡したときなどは解約できますが、それ以外の場合は1年以上保有すると決めたうえで投資するべきでしょう。

安定した資産形成をしたいなら個人向け国債は最強かも

個人向け国債はリスクが高くない分、リターンも低い金融商品です。そんなに殖やす必要はないものの、守りながら資産を殖やしたいと考える人や、初めて投資するので値動きがあまりない金融商品がよいという人にとっては、個人向け国債はある程度落ち着いて投資ができる商品かもしれません。どこでも購入できる金融商品だからこそ、信頼できる金融機関を探して投資を始めてみるのはいかがでしょうか。