クラウドファンディングと現物資産投資。不動産投資として見るポイントの違いは?

不動産投資といえば、現物資産への投資と思う人もいるのではないでしょうか。実は不動産投資の手法にもさまざまな手法が生まれました。REIT(不動産投資信託)、通常の投資信託、証券化小口投資、不動産投資型クラウドファンディングなど多くの人から集めた資金を使って不動産売買や運営をする手法が生まれています。

現物資産への投資と不動産投資型クラウドファンディングへの投資の違い

不動産への投資をするとき、不動産そのものに投資する方法があります。これが一般的に不動産投資と呼ばれている方法です。多くは不動産投資会社を通じて物件を紹介してもらい、自分の投資方針やマネープランに合致すると思えば投資をします。不動産投資の主な収益源は、家賃収入です。入居者が毎月支払う家賃から諸経費を差し引いた額が収入になります。不動産売却時に利益がでれば大きな収益を得られる場合があります。また、物件は自分の所有物になるため、借入れ時の担保設定も可能です。

一方、不動産投資型クラウドファンディングは多くの投資家からインターネットを通じて資金を集め、物件に投資をします。

現物資産に投資するときに見るべきポイント

現物資産への投資を意識する場合、将来的な資産価値が低下しづらい物件を選定する必要があります。資産価値が低下する物件には、木造アパートのように老朽化が目立ちやすく耐用年数が短いもの、人口減少に伴って賃貸需要がなくなり土地の取引価格が低下するものなどが挙げられます。

資産価値が下がれば売却時の損失を抱えますし、資産価値の低下が予測される物件には金融機関は融資しづらくなります。そのため、立地や人口動態、物件そのものの価値をよく調査したうえで不動産に投資する必要があります。

また、現物資産の場合は管理会社にも注目をしておきましょう。いくら物件の状態がよく、今後も人気が続きそうなエリアにある物件だとしても、マンション住人のマナーが悪ければ客付けが難しいおそれがあります。管理会社のフォロー状況をよく確認する必要があります。

不動産投資型クラウドファンディングで投資をするときに見るべきポイント

不動産投資型クラウドファンディングは、不動産に投資する点では現物資産への投資と変わりません。現物資産への投資との大きな違いは、たくさんの投資家から集められたお金を匿名組合ファンドなどを経由して物件に投資することです。

また、現物不動産の場合は物件の管理や修繕に係る費用を自ら負担する必要がありますが、不動産投資型クラウドファンディングの場合はファンドがそれらを負担します。また、運用報告書等で投資先の不動産の状況がわかるので、少額で不動産オーナーの気分を味わうことができます。

不動産投資型クラウドファンディングで不動産投資をする場合は、プラットフォーム運営会社の状況も確認しておきましょう。プラットフォーム運営会社はファンドの運用資産と運営会社自身の資産を分別管理していますが、プラットフォーム運営会社に万一のことがあった場合は、分配金の支払いが滞るおそれがあります。運営会社自身の財務状況等をよく確認しておくことが必要です。

また、不動産投資型クラウドファンディングは運用期間が比較的短く、長期間でも10年ほどの期間になります。途中解約できるプラットフォームもありますので、中期的な投資をしたいという人は途中解約できるかどうかも確認しておくのがよいでしょう。

将来、現物不動産に投資したいと思うものの、不安だと思う人は不動産投資型クラウドファンディングから始めてみるのも一案です。

不動産投資の種類は多岐にわたる

不動産投資は現物資産での投資だけではなく、クラウドファンディングやREIT、小口投資などさまざまな手法で投資することができます。自分にとって一番良いと思う方法を選びましょう。