小口化された不動産投資と現物の不動産投資との違いを知ろう

不動産投資と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、現物の不動産投資でしょう。しかし実際には、不動産投資にはさまざまな投資方法があり、現物の不動産投資だけではありません。

最近ではさらに投資しやすくした、小口化による投資方法もあります。ここからは小口化された不動産投資と現物の不動産投資の違いについて解説します。

そもそも不動産投資とは?

不動産投資とは、自分の資金を不動産に投資し利益を得る方法です。具体的には資金を不動産に投じて、その不動産を貸し付けることで賃料収入を得ます。また、不動産価格が値上がりした場合には、売却することで売却益を得ることもできます。

以上のように2つの収益を得る方法がありますが、賃料収入のようにコツコツと定期的に見込める収益を「インカムゲイン」、価格が上がって得られる売却益を「キャピタルゲイン」と呼びます。

不動産を小口化するとはどういうこと?

不動産投資は、多額の資金が必要というイメージが強いかもしれません。しかし、不動産を小口化するという投資方法があり、この方法を利用することで手軽に不動産投資することができます。

不動産を小口化するとは、多くの投資家が資金を出し合って投資することを指します。投資単位は1口50万円や100万円、場合によっては数万円の少額のケースもあります。つまり、数千万円や数億円といった資金は、多くの投資家が出し合った合計であり、一人で多額の資金を出す必要はありません。集まった資金をもとに不動産を購入し、賃料収入などがその口数に応じて分配されます。

今まで資金が数千万円あったとしても一戸など限られた投資物件しか買えなかったものが、不動産の小口化投資をうまく活用することで、一人でも複数の不動産に投資できるようになりました。また、小口化投資によって地域を分散させて投資できるようにもなりました。

現物の不動産投資との違い

不動産の小口化投資と現物の不動産投資との違いは、金額のほかにも手間の部分が大きく異なるといえます。

現物の不動産投資では、管理を自ら行うといったことで手間が発生しますが、不動産の小口化投資の場合には、不動産事業者に運営を任せることになるためこうした手間がかかりません。

また、現物の不動産投資の場合、数千万円出しても一戸や二戸といった少数物件の投資となるため、空室が発生した場合のリスクは大きくなります。場合によっては空室により家賃収入ゼロといったこともあるでしょう。

それに対して小口化投資の場合は、複数の投資家が資金を出し合って一棟まとめて投資することから、一室空室になったとしても家賃収入がゼロになることはないでしょう。つまり、支払われる分配金が減ることはあっても、ゼロになることは考えにくいのです。

しかも小口化投資は、まとまった資金による不動産投資ですが一人ひとりは少額投資のため資金の効率化を図ることができ、コストダウンにつながります。これにより投資利回りを高めることができ、個人で投資する場合よりも手軽かつ効果的な運用をすることができるといえます。

まずは小口化投資からはじめてみよう

資金に余裕がある人でも、株式や債券などほかの投資にも振り向けたいという人もいるでしょう。不動産の小口化投資はこうしたニーズにも合い、投資先を分散させる方法としては最適といえます。

ここまでの解説で不動産投資の第一歩を踏み出す場合にも、すでに投資経験がある人が地域を分散させる場合にも、小口化投資が有効な投資方法だと理解できたでしょう。小口化投資をはじめる、小口化投資で分散投資を実践することで、自分のポートフォリオをより良いものにしてみてはいかがでしょうか。