不動産投資型クラウドファンディングで行う投資のメリット

不動産投資と株式投資では、どちらのほうが投資しやすいでしょうか。もし現物投資であれば、一般的には不動産投資のほうが敷居が高くなるでしょう。なぜなら不動産投資は、少なくとも数百万円以上のお金が必要になるからです。そして、このような敷居を低くしたのが「不動産投資型クラウドファンディング」です。

不動産投資をクラウドファンディングだけで行うことが可能になり、不動産投資初心者であってもはじめの一歩を容易に踏み出すことができます。そこでここでは、不動産投資型クラウドファンディングのメリットについて考えていきます。

クラウドファンディングによる不動産投資の考え方

一般的な不動産投資は、契約→購入→登記→不動産管理といった一連の流れを踏みます。たとえば管理面ではエアコンの故障などがあった場合は大家さんの負担となったりと、購入後も意外と手間がかかります。

一方、不動産投資型クラウドファンディングではこうした手間がかかりません。投資後はすべて不動産のプロに運用を任せるため、手間いらずというのがまずメリットです。

また、現物の不動産と大きく異なるのが、1口1万円といった少額から投資できることです。投資した額に応じて分配金を受け取ることができ、こうして少額投資できることも不動産投資型クラウドファンディングのメリットです。

さらに元本の安全性を図るために、匿名組合をつくり、個人投資家は優先出資者として投資します。つまり、先に分配金をもらえる(劣後出資者はその後分配)仕組みになっており、安全性を高めているのも特徴です。

こうしたメリットを持つ不動産投資型クラウドファンディングを活用しない手はありません。まずは少額投資からはじめてみたい、手間がかからないなら投資してみたいと考えている人には適した運用商品といえます。

実践!クラウドファンディングだけでできる不動産投資手法と注意点

不動産投資型クラウドファンディングでは、情報が開示された指定の物件に不動産投資するための資金を募る場合と、物件を担保に不動産業者などに資金を融資する場合があります。直接的か間接的かという違いはありますが、不動産投資の実感を得たい場合は指定の物件に投資するほうを選んでもいいでしょう。

次に考えるべきポイントは、複数の物件への投資です。最初は1件から投資をスタートしますが、地震リスクなどを回避する意味も込めて、地域を分ける・建物の構造別に投資するなど「分散投資」を実践していきましょう。

3~5程度の物件に投資し着実に分配金を受け取るスタイルは、クラウドファンディングを使った投資のみならず、一般的な不動産投資においても王道の手法です。

ただし注意点としては、同時に投資できるとは限らない点があげられます。投資できる物件情報がいつ公表されるか、またどの地域に投資できるかはその時々の状況で変わってきます。

そのため、TATERU Fundingのような不動産投資型クラウドファンディングを行うサイトをしっかりチェックし、自身が投資したい地域や物件条件に合致するかどうかを日々確認しておくことも必要です。会員登録を行っておくことでファンド募集開始の案内がくるため、そこでチェックするのもいいでしょう。

クラウドファンディングを使って不動産投資を実践してみよう

クラウドファンディングを利用することで、現在は手軽に不動産投資ができるようになりました。運用期間や地域なども考慮しながら、自身の不動産ポートフォリオを作成してみるのもいいでしょう。

1口1万円となると、数万円もあれば分散投資が可能です。まずは少額から、慣れてきたら自身が投資したい資金で、不動産投資型クラウドファンディングを実践してみましょう。