不動産投資型クラウドファンディングならあなたも現金で大家さん気分!

最低1万円という少額からでも、不動産投資がはじめられるとして注目が集まっている「不動産投資型クラウドファンディング」。手持ちの現金で投資できるだけでなく、クラウドファンディングで複数の投資家から資金を集めているため、少額の自己資金で大型物件の投資にも手が届くというメリットがあります。

今回はそんな不動産投資型クラウドファンディングの魅力を紹介しましょう。

不動産投資型クラウドファンディングと一般的な不動産投資との違い

1.一般的な不動産投資は多額の資金が必要
現物不動産への投資には、物件を持つという楽しみがあります。ただし、現物不動産に投資しようとした場合、ネックになるのが資金です。

区分所有のマンションであっても数千万円程度は必要となるでしょう。全額を銀行からの融資で賄うにしても、ローンを組んで家賃収入から返済していかなくてはなりません。そのため、日々のちょっとした現金で気軽に投資というわけにはいかず、ましてやオフィスビルや商業施設のような大型物件への投資は、個人投資家だと極めて難しいといえます。

2.不動産投資法の一つ、REIT(不動産投資信託)はリスクもリターンも低め
不動産投資型クラウドファンディングと比較される小口の不動産投資手法に「REIT(不動産投資信託)」があります。日本のものは、JAPANの頭文字をとって「J-REIT」と呼ばれます。

J-REITは、不動産投資法人と呼ばれる運営元が発行する投資証券を購入することで投資をします。不動産投資法人は複数の投資家から集めた資金で、複数の不動産物件の購入・売却・運用を行い、収益を投資家に分配します。

物件選びや運用を不動産のプロである不動産投資法人に任せられるというメリットや、個人投資家でも複数の物件に分散投資できるというメリットがありますが、リスクが低い分リターンは低めです。

3.大型プロジェクトにも投資できる不動産投資型クラウドファンディング
不動産投資型クラウドファンディングは、クラウドファンディング会社が複数の投資家から集めた資金を、不動産プロジェクトや不動産物件に貸し付ける手法です。「ソーシャルレンディング(lending=貸付)」とも呼ばれます。

複数の投資家から資金を集めて投資するため、個人では到底手が出ないような大型プロジェクトにも投資できるのが魅力です。個別株を買うように、不動産プロジェクトや物件を吟味する楽しみもあります。

また、インターネットから簡単に投資できるため、日々の仕事や生活に忙しい人でも気軽に投資をはじめることができます。

不動産投資型クラウドファンディングが注目されている理由

いくつかの不動産投資手法があるなかで、不動産投資型クラウドファンディングが注目されている理由は、ずばり「小口投資」と「利回りの良さ」です。

J-REITも同じように不動産の小口投資にはなりますが、主流は1口数十万円台で、なかには100万円以上するものもあります。月々のちょっとした現金で投資するには少し無理のある金額かもしれません。

一方、不動産投資型クラウドファンディングは、1口1万円からの投資もあります。しかも、不動産投資法人を通じて複数の不動産に投資するJ-REITより、個別の不動産プロジェクトや不動産物件に貸し付ける不動産投資型クラウドファンディングのほうが利回りは良く、なかには年率10%というハイパフォーマンスを見せているものもあります。

さらに、リスクヘッジのために複数投資したい場合は、複数の不動産投資型クラウドファンディングに応募して、投資先を分散させることも可能です。

不動産投資型クラウドファンディングで大家さん気分

現物不動産への投資やJ-REITに比べると、不動産投資型クラウドファンディングは少ない手元資金で投資したい個人投資家にとってコストパフォーマンスの良い投資といえるでしょう。手持ちの現金で投資できる不動産投資型クラウドファンディングで、大家さん気分を味わってみてはいかがでしょうか。