株主優待で節約も!?主婦におすすめの株式投資

近年、証券業界や証券取引所のたゆまぬPR活動によって、主婦の株式投資への関心が高まっています。
テレビのワイドショーでも株主優待の特集が組まれ、優待投資で生活費を節約する主婦の姿が放映されるのも見かけるようになりました。

そこでここでは、節約と投資収益を両立できる主婦におすすめの株主優待投資について紹介します。

株式投資をはじめたいけど、何から買ったらいいの?

ビジネスパーソンとして経済の知識が豊富な人と違い、主婦が株式投資をはじめる場合、何の銘柄から買ったら良いか、なかには迷う人もいることでしょう。どんなに高収益であっても、社名を聞いたこともないような銘柄に投資するのは不安があります。はじめて投資するなら、まず社名や事業内容を知っていることが大前提です。

主婦の投資は、身近な企業を選ぶのが成功の近道

主婦が株式投資で成功を収める近道は、社名を知っているだけでなく、家の近くに店舗があるような身近な銘柄に投資することです。主婦にとって身近な企業の代表といえばスーパーマーケットでしょう。もちろん、飲食店や美容室、アパレルショップなどでも良いですが、毎日のように利用するという意味ではスーパーマーケットがもっとも身近な業種といえます。

毎日通うお店の株主優待は超お得

では、スーパーマーケット株に投資するとして、どの銘柄を選べば良いのでしょうか。主婦ならたいていは通うスーパーを決めています。そのお店が上場企業で株主優待を実施していれば、投資先として有望です。大概、一つの街に1店舗はスーパーマーケットがありますので、まずはそこが株主優待を実施しているかどうかをチェックしましょう。

チェックポイントは優待内容が買い物カード、または買い物券であることです。商品の送付などは一時的なものなので、あまり節約効果がありません。買い物券であれば1,000円の買い物につき100円券を1枚使用可といった条件が多く、利回りにすれば10%ということになります。これならば十分、節約効果があるでしょう。

株価に一喜一憂しない精神的安定感がメリット

節約以外で株主優待投資のメリットとして大きいのは、優待を受けるのが目的のため、目先の株価に一喜一憂しない精神的な安定感が得られることです。

主婦が長く株式投資を続けるコツは、5年満期の定期預金に預けたつもりでじっくり株を保有することです。最近では長期保有優遇制度を実施している企業もあるため、保有期間が長くなるほど優待利回りがアップする銘柄がふえています。

お得度をアップさせる株主優待の有効活用法

最後に、お得な活用法の一例としてイオンの株主優待を利用した節約法を紹介しましょう。

イオンの優待では、イオンオーナーズカードが発行され、最低単元の100株保有で半年ごとに3%のキャシュバックを受けることができます。年間200万円の買い物をした場合では6万円が還元されるので、大きな金額になります。

これだけでもかなりの節約ですが、あわせ技としてお客様感謝デーの5%割引とも併用することができるので、感謝デーにまとめて買い物をすれば合計割引率は8%とさらにお得感が増します。長期保有優遇制度としては、1,000株以上を3年以上保有すると2,000円分のイオンギフトカードが年1回贈呈されます。そのため、資金に余裕があれば1,000株投資するのも良いでしょう。1,000株以上の場合のキャッシュバックは5%です。

さらに株主のみが入場可能なイオンラウンジを利用することができたり、イオンシネマに1,000円で入場できたりします。特典満載の優待制度は、主婦のみならずファミリー向けの株主優待としても優秀です。

株主優待投資について紹介しましたが、仮想通貨のようないつ消失するかわからない、あやふやな投資に手を出さなくても、ほかに安定して有利な投資法があることがおわかりいただけたでしょう。節約と投資収益を両立できる株主優待投資に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。