初心者必見!?小口化でもOKな不動産投資型クラウドファンディングはこう違う!

資産運用の手段として、不動産投資への注目が高まっています。不動産投資の良さは、不動産という現物資産があることですが、不動産に投資するには従来は多額の資金が必要でした。

しかし最近では、不動産投資が小口化し少額でも投資できる手法が広まっています。今回は、そのなかでも注目の「REIT(不動産投資信託)」と「不動産投資型クラウドファンディング」について見ていきましょう。

1万円からはじめる不動産投資:REIT

REITは、複数の投資家から集めた資金で、商業施設やオフィスビル、マンションといった複数の不動産を購入し、その運用益を分配する手法です。米国ではじまった仕組みが日本にも広がったため、日本のREITはJAPANの頭文字をとって「J-REIT」とも呼ばれます。

J-REITは投資信託の一種ですが、株式のように証券取引所に上場しており、かつ不動産投資法人という企業のような形態をとっています。不動産投資法人は企業の株式にあたる「投資証券」を発行し、投資家はこれを購入します。時には、金融機関から融資を受けることもあります。こうして調達した資金をもとに、不動産に投資していきます。

J-REITによる不動産投資では、不動産のプロである不動産投資法人に物件選びから管理・運用までを任せることができます。また、オフィスビルや商業施設のように、一般個人の不動産投資では到底購入できないような資産にも小口で投資できるのも魅力です。

J-REITは証券取引所に上場しているため、投資証券の価格は市場の需要と供給によって決まります。価格は上下するので、元本割れすることもあるでしょう。また、ファンドによって最低購入額が異なり、1口あたり100万円以上のものもあれば、10万円以下で買えるものもあります。

ただ、株価が安定していて配当利回りも高いファンドとなるとやはり100万円前後の価格になってくるので、1万円でJ-REITに投資したいのであれば、複数のJ-REITを組み入れて運用している「J-REIT特化型の投資信託」を購入するのも良いでしょう。

1口1万円からはじめられる不動産投資:不動産投資型クラウドファンディング

一方、不動産投資型クラウドファンディングは、クラウドファンディングの会社が投資家から集めた資金を不動産プロジェクトに貸し付け、その利益を投資家に分配するという手法です。「ソーシャル・レンディング(lending=貸付)」とも呼ばれます。

前述しているように、J-REITの投資先は不動産投資法人ですが、不動産投資型クラウドファンディングの場合には、特定の不動産プロジェクトや不動産物件に投資します。

不動産投資型クラウドファンディングでは、個別株を買うように投資物件を選ぶことができ、直接的にリターンを得ることができます。これは投資先によっても異なりますが、年率10%を超えるような高いパフォーマンスを上げているプロジェクトもあります。また分散投資したい場合は、複数のプロジェクトに投資していくかたちになります。

そんな不動産投資型クラウドファンディングの魅力は、J-REITよりも少額で個別の物件に投資できる点でしょう。なかには、1口1万円からの投資が可能なプロジェクトもあります。

小口化された不動産投資手法で少額投資

現物不動産を購入する場合、銀行からの融資で賄うか、又は最低でも数百万円規模の資金を準備することが必要になってきます。しかし、J-REITや不動産投資型クラウドファンディングのような小口化された不動産投資手法なら、個人でも少額から不動産投資ができます。

物件選びをプロの不動産投資法人に任せるJ-REITと比べて、不動産投資型クラウドファンディングはご自身の物件選びの「目」が必要になってきます。ただ、リスクが高い分リターンも多く得られることになります。
それぞれの違いやメリット・デメリットをよく知り、自分に合った投資手法を選びましょう。