コツコツ稼ぐ!1万円からはじめられる少額不動産投資

積立のように少額をコツコツ投資できる不動産投資があったとしたら、興味を持つ人も多いでしょう。実は、お小遣い程度の金額ではじめられる不動産投資が話題を集めています。

これまでは、ある程度まとまった資金がないと不動産投資をはじめられないというのが常識でした。しかし、新しい投資商品の誕生で、そのような不動産投資に対する常識が覆されようとしています。少額の不動産投資を可能にした「不動産小口化商品」について、詳しく説明していきます。

不動産小口化商品とは

数千万円から数億円する不動産を小口化し、1口あたり数万円から100万円程度の少額で売り出したものが不動産小口化商品です。これは不動産から得られる家賃収入や売却益が、口数に応じて投資家に分配される仕組みです。

不動産を小口化することでクラウドファンディングを利用した出資者の募集も可能となり、資金集めが容易になるという運営側のメリットも生まれました。不特定多数の人から小口の資金を集めることができるクラウドファンディングは、不動産小口化投資からするととても相性が良いサービスといえるでしょう。

1万円からの投資も可能

不動産小口化商品の最大の特徴は、1口1万円からという手軽さにあるといえます。運営さえしっかり行えば手堅い収益が見込める不動産投資ですが、はじめるには多額の資金が必要とされていました。ところが、不動産小口化商品の誕生によって、不動産投資のハードルは大幅に下がり、これまで不動産投資には縁がなかった投資家からの関心を集めるようになりました。

1口あたりの投資金額が低く抑えられれば、さまざまな商品に投資することも容易となり、投資する楽しみも膨らむことでしょう。また、毎月コツコツと投資していくことも可能になります。

不動産小口化商品のメリット・デメリット

少額からの不動産投資を実現した不動産小口化商品ですが、多くのメリットがある一方でデメリットが存在することも忘れてはいけません。ここで、不動産小口化商品のメリットおよびデメリットを考えてみましょう。

・メリット
1. 少額からの不動産投資が可能

個人では購入することが難しい数億円もする不動産であっても、不動産小口化商品であれば1~100万円単位での投資が可能になります。小口化することで投資額が抑えられるということが不動産小口化商品の最大の特徴です。

2. 煩わしい維持管理が不要

不動産投資、特に一棟アパートやマンションに投資する場合、物件の維持管理は基本的に自分自身で行わなければなりません。ところが多くの不動産小口化商品では、物件の維持管理は運営会社が行ってくれます。

3. 分散投資が容易

リスク分散はあらゆる投資の基本です。一人で物件を所有する場合、複数の物件を購入することすら難しいのですから、分散したエリアに物件を所有するのは容易なことではありません。その点、不動産小口化商品であれば、容易に複数物件への投資が可能です。

また、複数商品の購入がおのずとエリア分散につながります。また、一般的な不動産投資で起こりがちな、所有財産の大部分を不動産が占めてしまうといった事態も避けることが可能です。エリアだけでなく、資産をバランス良く分散させることができる点も不動産小口化商品の特徴です。

・デメリット
1. 商品数が少ない

急速に注目を集めはじめた不動産小口化商品ですが、まだまだ商品数が少ないというのが現状です。また、商品ごとに募集期間が定められているため、自分の好きなタイミングで購入することができません。

2. 流動性が低い

規模が小さい不動産小口化商品の市場ではプレーヤーとなる投資家の数が少ないため、商品を手放したいタイミングで売れるとは限りません。
※投資商品によって異なります。

これからの不動産投資に期待

不動産小口化商品という新しいタイプの不動産投資ですが、初めて聞いたという人も多かったのではないでしょうか。人気を集めつつあるとはいっても、まだまだ投資人口が少ないのが不動産小口化商品の現状です。今後、投資人口がふえれば、紹介したデメリットも徐々に解消されていくと予想されます。今後の不動産小口化商品市場の発展に期待したいところです。