30代から考える 自分に合った投資方法

30代という年代を考えると、「収入が上がるのはこれから!」というイメージがあるかもしれません。しかし、自分の収入が本当に上がるかどうか不安に感じている人もいるでしょう。また、30代は住宅の購入を検討したり、結婚や出産を考えたりするなど、まとまったお金が必要なライフイベントも多い傾向にあります。

このように30代は収入と支出の大きな変動が考えられ、資金計画は立てにくい年代です。ここでは、「30代から考える自分に合った投資方法とは何か」について紹介します。

退職後に必要な資金のための投資

将来の収入と支出が不透明な中、30年以上も先の老後を考えて投資するのはピンとこないかもしれません。しかし、人生の3大支出といわれる、「住宅購入費」「教育費」「老後の生活費」のうち、老後の生活費の金額は大きく、準備するのに時間がかかることでしょう。

また、長い目で物価が上昇していくと仮定すれば、物価上昇率を超える資産運用をしなければ、お金の価値が目減りすることも念頭に置いておく必要があります。

一般的に、長期の投資であれば分散投資により価格変動などのリスクを軽減することが期待できます。短期間で大きな利益を得ようとすると、どうしてもリスクも多くなりがちです。長期的な目線での分散投資であれば、自分のペースで無理なく投資ができるので、30代は投資を開始するには最適の年代といえるでしょう。

長期の投資には短期的な目先の価格の変動を気にする必要はなく、少しずつ資金を投資して総投資額をふやすことができます。たとえば、株式や投資信託なども投資方法の一つです。毎月一定額を購入して、少しずつ保有株数(口数)をふやしていきます。保有株数(口数)がふえてくれば、株価上昇時の収益額に期待が持てるようになり、その利益で外国株式や外国債券などに幅広く投資することでさらにリスクを分散することも可能です。

また、不動産投資も長期的な運用に向いています。不動産オーナーとして収益性の高い物件を探すのはもちろん、不動産管理会社の選定や管理状況・資金繰りの確認などメンテナンスも必要です。しかし、そこから得られる家賃が不労所得となり、軌道に乗れば物件数をふやすことで給与収入以外にも一定の収入を得ることができます。

住宅用資金や結婚資金など10年先に向けた投資

なかには、10年先に住宅の購入を検討したり、結婚を検討したりしている人もいるでしょう。住宅や結婚などの資金は、大きな金額になりますのでコツコツとそのライフイベントに向けた準備が必要です。先ほどの長期的な投資の一部を利用しても構いませんが、10年先を目標にした投資には「どのような方法が適しているか」を確認しておきましょう。

たとえば、株式や投資信託は元本割れするおそれもあり、10年後に値上がりしているとは限りません。そのため、どうしてもリスクを取れず不安だという人は国債を考えるといいでしょう。国債は償還期限が決まっているので、目標とする年に合わせて購入することができます。

しばらくは使わない余剰資金を運用する

最後に、短期的な運用を考えてみましょう。たとえば、5年後に自動車を購入する予定があるとします。投資運用期間が5年しかないので、元本割れするおそれがない投資商品が賢明です。目的が決まっている資金の場合は「流動性の高さ」を重視し、リスクを負うことはあまりおすすめできません。短期であれば物価上昇率はあまり気にせず、5年の定期預金など安全性が高く、少しでも利率の高い商品がいいでしょう。

投資目標を明確にして投資方法を考える

個々のリスクに対する考え方によって投資方法は異なりますが、初期投資資金や投資期間、投資目的によっても異なります。たとえば、老後の生活費が目的の場合、ただ漠然と投資することはおすすめできません。老後の必要額(不足額)を見積もっておくと投資額の目標ができて投資先を選択しやすくなります。なにかとお金がかかってくる30代だからこそ、投資目標を明確にして自分に合った方法で投資を検討しましょう。