株式投資型クラウドファンディングと投資の注意点

未上場の株式に投資する場合、警戒する人もいることでしょう。確かに、これまで未上場株に関する詐欺は多く存在したことがあり、未上場の株式投資は怪しいものと考える人が存在するのも事実です。

しかしながら、ベンチャー企業などに投資して、その投資の成果により大企業へと成長していく過程はどの大企業も歩んできた道です。そして、こうした投資が経済活性化にもつながり、雇用が生まれるのもまた事実です。

日本でも未上場株式の投資における基盤整備を図るために、「株式投資型クラウドファンディング」が行われるようになってきました。株式投資型クラウドファンディングの概要や投資方法、どのような企業が資金調達を行っているのかについて紹介しましょう。

株式投資型クラウドファンディングとは?

株式投資型クラウドファンディングとは、未上場企業の株式に投資ができるクラウドファンディングです。2015年5月に施行された金融商品取引法等の改正により、個人投資家が1社当たり年間50万円を上限に、インターネットを通じて未上場株式を購入することができるようになりました。

株主となり、新たなチャレンジを行う企業に出資することでその企業の応援を直接できるほか、要件を満たした企業への投資の場合は、税制上の優遇が受けられる点もメリットといえます。税制の優遇では、株式購入時の税制優遇や損失に対して3年間の繰越控除の適用、投資時・売却時のいずれの時点でも「エンジェル税制」という税制優遇措置を受けることができます。

実際にどんな企業が資金調達を行っている?

株式投資型クラウドファンディングのプロジェクト例をもとに、実際にどんな企業が資金調達しているかを確認していきましょう。

資金調達に成功している企業は、フィンテック(Fintech)や人工知能(AI)、ビッグデータといった流行のものが多いほか、テレビ通販などを利用した製品販売、空気中の水分を飲料水にかえる技術など、ユニークなアイデアを持つ企業が多いようです。

これらの企業は、ユニークかつ市場拡大が見込める点が投資家の賛同を得られています。これは、今後のサービス普及を後押しし、新しい市場が開拓できそうな企業に注目が集まっているためと想定されます。

投資する際の注意点とは?

株式投資型クラウドファンディングでは、まだ世に出て間もない、または今後、世に出る新しい企業の株式投資ができる点がメリットであるものの、注意点もあります。

それは、ハイリスク・ハイリターンであることです。当然、元本は保証されていません。場合によってはその後の経営に失敗し、リターンはおろか元本をすべて失うといったこともありえます。

また、配当金の支払いは約束されていません。経営者の考え方によっては利益を投資に優先するため、配当が出ない場合もあります。加えて、業績が悪化した場合には配当がストップするといったことも考えられます。

一番のデメリットは、換金することが難しい点にあるかもしれません。上場企業のように証券取引所で売買できるわけではないため、売却したくともできないといった事態も起こりうるおそれがあります。

そのため、余裕資金の中から少額投資で、複数の企業に分散して投資していくことが無難といえます。投資は自己責任ですので、その企業の将来性をしっかり見定める必要があります。

ベンチャー企業成長の後押しとなる起爆剤になる可能性も

株式投資型クラウドファンディングは、資金が必要なベンチャー企業への支援ができます。成功すれば大きなリターンとなる可能性も秘めています。こうした仕組みが、日本の起業を支える一つの起爆剤となるかもしれません。中長期的な観点から、余裕資金をもとに株式投資型クラウドファンディングを検討してみてはいかがでしょうか。