誰でも不動産投資家になれる!「クラウドファンディング」で実現できること

クラウドファンディングは、起案されたプロジェクトや企業などにおいて、資金をインターネット経由で募るものです。この仕組みは、新たに事業を立ち上げた企業やクリエイターへの支援という面もありますが、支援の対象を不動産として投資する形態もあります。

不動産への投資をクラウドファンディングとすることで、一般の投資家が少額投資で資産運用することも可能です。ここでは、不動産とクラウドファンディングの関係について見ていきます。

クラウドファンディングと不動産の需要と供給

不動産投資型クラウドファンディングは融資型で行われるのが一般的で、投資型クラウドファンディングの中の一つとされます。融資型とは、プロジェクトや不動産への融資の際に発生した金利から、利益を差し引いた金額を受け取る方法です。

国内のクラウドファンディングで大きな割合を占めるのが融資型であり、テーマ内訳は次のようになっています。


※2017年クラウドポート調べ

このように、融資型クラウドファンディングにおいては国内・海外を合わせて不動産が大きな割合を占めていることがわかるでしょう。不動産投資型クラウドファンディングが伸びている理由は、需要と供給のバランスが安定している物件であれば価格の変動が起きにくく、リスクが抑えられるという面が考えられます。

不動産投資J-REITのように上場されていないことから、一般の投資物件として取り扱わない物件も多数あり、いわゆる掘り出し物のような物件を見つけられるのも魅力です。

不動産投資の革命

これまで、不動産投資は投資の知識が豊富なプロ投資家が行うものというイメージがありました。しかし、不動産投資をクラウドファンディングにすることで、不特定多数から資金を募ることができ、個人が少額投資することも可能になりました。この動きは、不動産投資業界において革命的だったといえます。

また、不動産事業者にとっては、資金をクラウドファンディングで募ることで、金融機関の融資と比べて審査に柔軟性があり、資金調達しやすくなるというメリットもあります。収益が見込める物件の取引にスピードが求められますが、金融機関での資金調達よりも審査にかかるタイムラグがほぼ発生しないクラウドファンディングであれば、迅速な融資を受けられることにもなります。

誰でも不動産の投資を実現することができる

上記のように、不動産投資型クラウドファンディングは個人の少額投資を可能にしています。これによって不動産投資のハードルが下がり、多額の投資資金を持つことなく誰でも気軽にはじめることができるようになりました。一般的には1口10万円程度からはじめられることが多いのですが、たとえば「TATERU Funding」のように1口1万円から投資ができるケースもあります。

不動産投資というかたちで復興支援する

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの住宅や店舗、工場などの不動産にも甚大な被害が出ました。これらの復興について、不動産投資型クラウドファンディングが活用された事例もあり、店舗や工場の建設費をはじめ各種設備費、原料費などの各種資金を含めた目標額を達成しました。クラウドファンディングの仕組みは、前述のように審査の柔軟性や融資の迅速性といった面から、一刻を争う復興資金の調達に有益となります。

不動産投資ファンディングは今後の可能性を秘めている

不動産投資型クラウドファンディングにすることで、多くの人が気軽に投資をはじめられるようになりました。この形態は自分が魅力を感じる不動産に投資が直接できるだけではなく、震災復興支援というかたちで利用することもできます。そのうえ、資産運用に活用できる面も含めて、不動産投資型クラウドファンディングはこれから先の成長が見込める分野です。