少額で不動産投資をはじめるなら不動産投資型クラウドファンディングがおすすめ

単価が高い投資といえば不動産投資を思い浮かべる人も多いでしょう。ワンルームマンションであったとしても、立地が良ければ数千万円規模の資金が必要な物件もあります。

しかし、高額な資金を必要とするイメージがある不動産投資ですが、実は1万円の少額から投資することができます。それを可能にしたのが、「不動産投資型クラウドファンディング」です。

不動産投資型クラウドファンディングとは、どのような投資商品なのでしょうか。また、「ソーシャルレンディング」や「不動産REIT」とはどう違うのか。そして利回りは……、初心者向けに気になる点を解説します。

少額で不動産投資することは可能か

不動産の小口化は昔からありましたが、それでも1口あたりの金額は50万円や100万円が主流でした。「いくらを少額と考えるか」は人によって異なりますが、50万円という金額はそれほど小さな金額ではありません。

それが、インターネット社会の進展により管理が容易になったおかげで、現在では1万円から不動産投資が可能になりました。もはや不動産は敷居の高い投資先ではなくなったといえます。

不動産投資型クラウドファンディングとは何か

クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の投資家から出資を募る、近年急速に普及した新しいタイプの資金調達方法です。では、小口投資の代表といえる不動産投資型クラウドファンディングの仕組みを「TATERU Funding」を例に紹介します。

最初に、投資家が優先出資者として事業者(株式会社TATERU)と特定組合契約を結びます。その後、出資金を払い込みますが、”利益の分配が後回しになる劣後出資部分”は事業者が払い込みます。そして、分配金の配当にあたっては、優先出資者である投資家に対し、予定利回りに達するまで優先的に分配されます。劣後出資者の事業者は、利益が残っている部分のみ分配を受けます。

このような優先出資者という仕組みが、高い分配金利回りを実現できる理由といえます。こう考えると、事業者が出資者のリスクを負担する仕組みを確立した「TATERU Funding」は、他にはない安全・有利な投資といって差し支えないでしょう。

ソーシャルレンディングと似た仕組み

クラウドファンディングに似た言葉に、ソーシャルレンディングがあります。後者は「インターネット上で融資を受けたい人と、融資したい人を結びつける資金調達法」、両者は似たような仕組みであるといえます。

不動産REITとの違いは?

では、手軽な不動産投資商品として知られる不動産REITとは、どのような違いがあるのでしょうか。まず、クラウドファンディングは一つの投資先に限定して投資しますが、不動産REITは投資信託の一種のため、複数の投資先に分散投資します。

投資金額に関しては、クラウドファンディングが1口1万円など金額を特定できるのに対し、REITは取引所で売買されるため、値動きに左右されます。数万円の銘柄もあれば数十万円する銘柄もあり、価格差が大きいのが難点です。

どの程度の利回りを確保できるか

実際にどの程度の利回りを確保できるのかを、「TATERU Funding」の例で見てみましょう。すでに運用期間が終了した物件の利回りを見ると、第1号ファンドから第10号ファンドまで予定利回りの3.0~5.0%をすべて達成しています。

一例を挙げると、第3号ファンドの「愛知県名古屋市APファンド」はちょうど1年間の運用期間で5.0%の予定利回りを達成しています。これは、10万円の少額投資でも5,000円の分配金を得たことになります。

同じ金額を、銀行の1年もの定期預金に預けた場合で10円程度の利息しかつかないことを思えば雲泥の差です。また、国内物件の場合は為替相場に左右されないので、円高の影響を受けないのも安心感があります。

元本割れの実績がほとんどなく、予定利回りも確保できる不動産投資型クラウドファンディングは、安全性と高利回りの両方を兼ね備えた、超低金利時代の投資決定版ともいえる商品です。資産運用ポートフォリオの一角に組み入れることを検討してみてはいかがでしょうか。