区分マンションでの不動産投資 そのメリット・デメリットとは?

投資手法の一つとしての「不動産投資」には、1棟マンション、1棟アパート、戸建て、区分所有マンション、トランクルームなどさまざまな種類があります。目標や目的、リスクに対する考え方などによって、ベストな不動産投資の方法は人それぞれです。

本稿では、比較的少額から始めやすいとされる「区分所有マンション投資」のメリット・デメリットを中心に解説します。

小さく始めて大きくするということの重要性

不動産投資といえば、大きな金額の借り入れが必要というイメージがあるでしょう。たしかに、1棟マンションを購入するのであれば、ある程度の借り入れが必要なケースがほとんどですが、区分マンションでは1,000万円以下で購入できるケースも多くあります。

不動産投資には「どういった物件を購入すべきか」、「どういった物件は購入すると危険なのか」を分析するスキルや経験が必要になります。さらに、不動産を購入した後もやるべきことがたくさんありますが、初めての投資では運用後のイメージがわきにくいでしょう。

その状況で、最初から1億円や2億円の借り入れをして、物件を購入するのは得策とはいえません。ある程度、賃貸経営の経験を積んでから購入する場合と比べて、遥かにリスクが高くなってしまうためです。

購入後に「自分には不動産投資は向いていない」、「想像していたよりもお金が入らないのでモチベーションが下がった」という話もよく聞きます。不動産投資は株式投資やFX投資と違い、短期間でお金を儲けるのが難しい投資であるため、早くお金を儲けたいと考えて始めると、当初の期待と大きく違う結果になりかねません。

こういったミスマッチのおそれを考えると、不動産投資はまずは少額から始めて賃貸経営の実績を積み、ある程度の手応えやリターンが出てきたのであれば、次のステップに進むのが良いでしょう。もし、自分には向いてないと思ったら、それ以上は購入しないという選択をとるほうがリスクは低いといえます。

たとえ少額であっても、不動産投資は立派な賃貸経営です。大きな物件であっても、小さな物件であっても空室は発生しますし、入居者募集やリフォームをその都度行わなければならない点は変わりません。

まずは少額で、リスクの低い環境から賃貸経営の経験値を積み、賃貸経営に対するモチベーションが上がってきた段階で、1棟やビルを購入していくといった手法のほうが失敗のおそれは低くなります。リスク回避という観点でも、区分マンション投資から始めることは有効な選択肢の一つといえるでしょう。

区分所有マンション投資のメリット・デメリット

区分所有マンション投資について、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。1棟マンションや1棟アパート投資と比較したかたちで、ポイントを絞ってお伝えします。

【メリット】
・物件価格が比較的少額
・建物管理会社があるケースが多く、毎月管理費・修繕積立金を支払う代わりに、長期修繕計画などで急な出費が発生するリスクが低い

次にデメリットとして、以下が考えられます。

【デメリット】
・1部屋しかないので、空室リスクが高い
・管理費、修繕積立金が毎月発生するのでキャッシュがあまり残らない
・区分を所有しすぎると銀行からの評価が低くなる傾向がある

デメリットもあるとはいえ、不動産投資の第一歩として始めるには、金額的にも建物管理の面でも区分所有マンションがおすすめといえます。将来的に大規模にやっていきたいのであれば、まずは区分所有マンションから始め、いずれは1棟投資に移行してもいいでしょう。

メリットだけでなくデメリットも考えながら、区分所有マンションも投資の選択肢に組み入れてみてはいかがでしょうか。