1万円から資産運用を始めるなら、「ロボアドバイザー」におまかせ

初めての投資で迷うのは、「いくらから始めるか」ということではないでしょうか。初心者がいきなり大金を投じるのは不安があるものです。そうした不安を解決するサービスとして注目されているのが、「ロボアドバイザー」を利用した投資です。本稿では、ロボアドバイザーを活用した1万円からできる資産運用法をご紹介します。

運用コストが断然安いロボアドバイザー

投資するにあたって、ある程度まとまった金額が必要だった昭和の時代と違い、現在では投資商品の株数や口数が細分化され、100円程度の少額からでも投資が可能になりました。クラウドファンディングやソーシャルレンディングといった不動産関連のファンドでも1万円から投資できるようになり、資産運用の環境として恵まれた時代になったといえます。

今回おすすめする自動資産運用システムのロボアドバイザーは、そのような「1万円から始める投資」に最適なサービスです。ロボアドバイザーとは、あらかじめ顧客の投資目的や投資スタンスをアンケートによってリサーチし、リスク許容度を診断して最適なポートフォリオを提案し、運用するサービスです。

一括購入、または積立購入を選択することができます。同じく運用を一任する「ファンドラップ」と似ている部分がありますが、ロボアドバイザーのほうが運用コスト面で断然安いので、少額投資におすすめといえます。なお、ロボアドバイザーは基本的に投資信託サービスのため、個別株を対象にすることはできません。

すべて自動で運用してくれるので手間いらずの投資が可能

ロボアドバイザーの一番のメリットは、すべて自動で運用してくれることです。AIロボットが、最適なポートフォリオを考えて資産をふやしてくれると考えていいでしょう。

具体的には「リバランス」という手法を用います。リバランスとは、投資配分の比率を調整してポートフォリオのバランスを取ることです。相場は常に変動するため、随時商品ごとの運用比率を当初のバランスに近づけるために売却・買い増しを行います。それをすべてロボアドバイザーが自動で行い、ポートフォリオが最適化されるのです。

運用コストはいくらかかるのか

では、ロボアドバイザーの運用コストはどれくらいかかるのでしょうか。SBI証券と松井証券の例で見てみましょう。

ロボアドバイザーの代表的なものとして、お金のデザイン社の「THEO(テオ)」があり、SBI証券と提携して「THEO+SBI証券」のサービスを提供しています。
SBI証券の「THEO」の場合は最低1万円から投資可能で、手数料は年率で1.08%(税込)です。1万円を1年間運用しても108円(税込)なので、コストはそれほど高くありません。
一方、松井証券の「投信工房」は利用料無料で、信託報酬のみ年率で0.38%かかります。こちらも1万円から投資できるほか、100円からの積立投資も扱っています。

自動で運用している間に自分でも勉強を

さて、気になる実際の運用実績を確認しておきましょう。SBI証券の「THEO」の運用実績は平均して7.5%(SBI証券公式サイト発表の数字)の高利回りを確保しています。「THEO」では顧客のリスク許容度によって231通りのポートフォリオを用意しており、利回りは1~35%とかなり幅が広いのが特徴です。リスク許容度が高ければリターンもそれだけ高いということになります。

ただ、ロボアドバイザーに任せて高い運用利回りを確保してくれるのはいいのですが、それだけで終わったのでは投資家としての成長はありません。ロボアドバイザーで自動運用している間に、自分でも投資の勉強や相場のチェックを行い、投資家としての知識や経験を積むことも大事です。その勉強の成果は、ロボアドバイザーが扱っていない個別株の投資にきっと活きてくるはずです。

月1万円の少額から始められるロボアドバイザーサービスを活用することで、堅実に運用するもよし、1万円だからこそ高い利回りを目指すのもよし。ロボアドバイザーはAI(人工知能)社会を象徴する投資サービスといえそうです。