サラリーマン大家になろう!1万円からできる不動産投資型クラウドファンディングとは?

「サラリーマン大家」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか。銀行からお金を借りて不動産投資する会社員でしょうか。あるいは、不動産は高額のため、高所得者や現預金を多く持つ人しかできない、といったイメージもあるかもしれません。

そんな不動産投資のイメージを拭い去るのが「不動産投資型クラウドファンディング」です。その概要やサラリーマンならではの不動産投資手法を解説します。

「サラリーマン大家」になる方法とは?

皆さんが思い浮かべる「サラリーマン大家」とは、マンションの一室を買って賃貸に出す、ワンルームマンション投資などではないでしょうか。これは現物投資と呼ばれる投資手法で、家賃収入に加えて、マンション価格が上がって売却できれば売却益を得ることも可能です。

さらに、一室ではなく一棟まるごと投資する方法も考えられます。この場合にも、家賃収入や値上がり益を狙うことができます。一室だけの所有の場合と異なり、物件をまとめて所有するため、一室あたりのコストを抑えられるメリットがあります。ただし、ある程度まとまった資金が必要となります。

数百万円や数千万円、中には1億円以上の物件に投資する現物投資は、サラリーマンではなかなか手が出ないという方も多いことでしょう。そこで、さらに気軽に投資ができる「不動産投資型クラウドファンディング」をご紹介します。不動産投資型クラウドファンディングでは、複数の投資家から集めた資金をもとに不動産に投資します。物件自体は不動産のプロが選定するため、初心者でも投資しやすいのが特徴です。

一人で物件を独占とはいきませんが、1万円単位で不動産投資が可能なため、さまざまな物件に投資しやすくなるほか、投資家自身は借り入れをする必要がありません。まとまった資金がなく借り入れもしたくないけれど、不動産投資には興味あるという方はぜひ検討してみましょう。

「地域分散」「時間分散」で投資する具体的な資産運用術

それでは、不動産投資型クラウドファンディングを利用した具体的な資産運用術を考えてみましょう。

まずは、不動産投資に必要な資金を決め、その資金をいくつかの物件に投資できるよう分散させます。例えば、東京の物件に10万円・仙台の物件に10万円・福岡の物件に10万円といった具合です。もちろん、その地域に投資案件があるのが前提にはなりますが、地域ごとに分けることで地震リスクなどを軽減していきます。

次に、時間分散も考えてみましょう。具体的には、投資する日付を分散させます。例えば、今月は東京の物件に、来月は札幌の物件にといった具合に投資すれば、分配金を毎月どこかから受け取れるようにすることもできます。

こうした地域分散や時間分散を現物投資で行おうとすると、実際に現地視察が必要になるなど、費用や時間がかかります。しかし、不動産投資型クラウドファンディングを活用すれば、物件の選定などはプロが行うので、投資家は案件を選ぶだけで投資できます。さらに、1万円単位から投資可能なため、借金をしたくないというサラリーマンでも、間接的ではあるものの立派な不動産投資ができるのです。

まずは1万円から始めてみよう

不動産投資型クラウドファンディングによって、不動産投資のハードルはかなり低くなりました。1万円単位で投資できるクラウドファンディングを、不動産投資の第一ステップとして活用するもよし、売買などの手間が面倒だからプロに任せたいという方は現物投資の代用とするもよし、さまざまな使い方ができます。

毎月や決めた月ごとにコツコツと家賃(分配金)を得ることで、不動産投資型クラウドファンディングの良さを味わってみてはいかがでしょうか。