1万円の少額からでもできる不動産投資を紹介

不動産投資は、1万円の少額からでもできる不動産投資型クラウドファンディングのサービスが登場するなど新しい時代に入ったと言えます。不動産賃貸業は将来の収益見通しが立てやすいため、投資家にとって非常に投資しやすい事業です。その中でも、クラウドファンディングの仕組みを使った不動産投資は、今後さらにふえていく可能性があります。

そこで本稿では、今注目されている1万円の少額からでもできる不動産投資型クラウドファンディングについてご紹介いたします。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネット上で自分がやりたい事業を立ち上げ、その事業に共感する人が出資するという資金調達手法です。例えば、ある人が「山椒のアロマオイルを販売したい」というアイデアを持っていたとします。山椒のアロマオイルを作るには、工場設備などの資金が必要です。

「山椒のアロマオイルなら、きっと売れるだろうな」と思う人が、そのアイデアを持った人に出資し、山椒のアロマオイルが爆発的に売れたら、出資者は配当金などをもらうことができるというのがクラウドファンディングの仕組みです。

ファンドという箱が投資をしている

不動産投資型クラウドファンディングでは、ファンドと呼ばれる主体が「この不動産に投資したいので出資してください」とインターネット上でたくさんの人に呼びかけます。

クラウドファンディングでは多くの人からお金を集められるので、一人あたりの出資額は1万円という少額でも参加することができ、出資額が一定額まで集まるとファンドは投資することが可能になります。

不動産投資の良いところは、収益がある程度確実であるという点です。先ほどの「山椒のアロマオイル」という事業は面白いかもしれませんが本当に儲かるかどうか未知数で、投資家にとってはリスクがあります。一方で、不動産の賃貸事業であれば見込める収益がある程度確実なため、投資家も安心して投資できます。

クラウドファンディングとREITの違い

似たような仕組みにREIT(リート)があり、REITは投資法人と呼ばれる会社に出資を行います。その投資法人とは、たくさんのビルや賃貸マンションを持った不動産賃貸業だけを行っている会社です。

REITでは、いろいろな物件を持っている会社に対して出資を行います。一方で、クラウドファンディングでは「この不動産を買います」というかたちで一つの不動産ファンドに出資を行います。そのため、クラウドファンディングのほうが投資する不動産が具体的に見えています。

例えば、自分の住んでいる街の駅ビルなどが投資対象となっていることがあります。自分がよく知っている物件であれば、投資もしやすくなるでしょう。

REITは、都内から地方までさまざまな物件に投資することになりますが、どんな不動産に投資しているのか具体的に見えません。特定の不動産に投資できるというのがクラウドファンディングの特徴です。

少額投資のメリット

少額投資は儲けが少ないかもしれませんが、失敗も少なくなります。1万円で失敗したとしても、大きな痛手にはなりません。少額投資は、不動産投資の勉強にはとても良い題材ですので、いきなり大きな投資をして不安になるよりは、クラウドファンディングで楽しみながら不動産投資を始めることをおすすめします。

収益の見通しが立ちやすい不動産投資型クラウドファンディング

以上、クラウドファンディングの不動産投資について解説してきました。不動産賃貸業のクラウドファンディングは、収益見通しが立ち、とても出資しやすい投資です。新しい投資手法の一つとして、今後も拡大していくことが期待されます。