ソーシャルレンディングを利用した不動産投資の手法とは?

「ソーシャルレンディング」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?言葉だけは聞いたことがあるけれどよくわからないという方や、すでに投資していて内容を理解している方など様々でしょう。

ソーシャルレンディングは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつける役割を担っていますが、実はこのソーシャルレンディングを利用して、不動産投資を間接的に行う方法があります。本稿では、ソーシャルレンディングを利用した不動産投資について、不動産投資型クラウドファンディングと比較しながら解説していきます。

似ているけれど違う!2種類の投資の仕組みを再確認

ソーシャルレンディングは、お金を借りたい人向けにインターネットを介してお金を貸す仕組みです。この仕組みを利用して、不動産投資でもソーシャルレンディングが活用されています。具体的には、不動産事業者向けに融資を行う方法です。

不動産事業者は、資金を借りて不動産の仕入れなどに利用します。不動産取得後の家賃収入や売却益などで資金を返済する仕組みとなっており、融資に対しては投資する不動産が担保となるなど、安全性にも配慮されています。

つまり、ソーシャルレンディングにおいては、お金を貸す側は不動産投資を直接行うのではなく、不動産事業者に貸すことになるため「融資」という形態になります。その資金をもとに、不動産に投資されるため、「間接的な」不動産投資といえるのです。

一方、不動産投資型クラウドファンディングは、同じソーシャルレンディングとして一括りで取り扱われることもありますが、内容は異なります。TATERU社の「TATERU Funding」のような不動産投資型クラウドファンディングでは、投資者の資金は直接、不動産投資に活用されます。そして、不動産の家賃収入や売却益をもとに、収益を還元する仕組みとなっています。

ソーシャルレンディングの場合には、一度融資すると途中解約を行うことは通常できませんが、例えば「TATERU Funding」では、第三者への持ち分の譲渡やファンドに対して出資金の返還を要求できるため、使い勝手の面で不動産投資型クラウドファンディングに利点があるともいえます。

元本保証と、保全など安全面での違いとは?

ソーシャルレンディングによる不動産投資と不動産投資型クラウドファンディングでは、投資家の元本に対する取り扱いも異なります。

一般的なソーシャルレンディングでは、不動産の担保がついています。そのため、投資家がお金を貸した不動産事業者が倒産した場合でも、担保となっている不動産を売却することで資金の回収を図ることができます。

ソーシャルレンディングの中には、保証会社の元本保証がついている案件があります。これは万が一、不動産事業者の倒産などが発生した場合には、保証会社が代わりに元本と利息を支払ってくれるというものです。保証会社が倒産しないかぎり、という条件付きにはなるものの、安全性を高めていることがわかります。

一方で、「TATERU Funding」では、投資家が優先出資者、TATERU社(事業者)が劣後出資者となります。もし不動産投資で損失が発生した場合には、まずTATERUが損失を負担する仕組みです。こうすることで運営事業者が負担を負い、投資家のリスクを軽減するようにしています。

このように、ソーシャルレンディングと不動産投資型クラウドファンディングでは、損失が発生しても被害を最小限にするような仕組みがとられていることがわかります。

結局は事業者の信用度と物件内容

以上、ソーシャルレンディングを利用した不動産投資と、不動産投資型クラウドファンディングの違いについて解説してきました。それぞれの投資形態の違い、安全性の面での違いなども挙げました。

いずれにせよ、最終的にはその運営を行う事業者の信用度と物件の良し悪しにかかっています。上場しているかどうか、資本金は十分にあるかどうかなど、信用度を見定めたうえで投資することがリスクの軽減につながるでしょう。