投資型クラウドファンディング、利回りが高いのはどういった案件?

投資型クラウドファンディングと聞いて、皆さんはどのような投資を思い浮かべるでしょうか。”不動産”投資型クラウドファンディングを思い浮かべる方もいることでしょうが、それだけではありません。海外の事業者を支援するクラウドファンディングなども投資型に該当しますし、不動産を担保にした融資型のものも存在します。

そこで本稿では、投資型クラウドファンディングの種類や利回りが高い案件の特徴や傾向などを紹介します。また、投資するときに注意すべき点なども併せて解説します。

投資型クラウドファンディングにはどんな案件があるのか?

投資型クラウドファンディングは大別すると、
(1)株式型
(2)融資型
(3)ファンド型
の3つに分けられます。それぞれの特徴や参入している主な事業者は次のとおりです。

(1)株式型
中小企業やベンチャー企業など、未上場企業の株式を売買することで利益を得る方法です。
[メリット]
投資先企業が上場した際の株価の上昇によって、多額の売却益が期待できます。
[デメリット]
すべての企業が上場するとは限らないので、株価が上がらないまま長期間株式を保有し続けなければならない場合もあります。
[主な事業者]
FUNDINNO(ファンディーノ)

(2)融資型
不動産などを担保に融資するものや、海外の金融機関などに融資して利益を得る方法です。
[メリット]
金利や元本から分配金を得られるので、安定した利益を得られます。
[デメリット]
融資先が倒産した場合、資金の一部を回収できない場合があります。
[主な事業者]
クラウドクレジット、maneo(マネオ)

(3)ファンド型
事業やプロジェクト、不動産などに投資して利益を得る方法です。アパートなど不動産に投資する場合は、家賃収入と売却益をもとに利益が分配されます。
[メリット]
社会性の高い企業やプロジェクトに投資できます。不動産の場合、低いリスクで手堅いリターンを得られます。
[デメリット]
プロジェクトによっては、分配金が支払われない場合もあります。また、予定していた分配率を下回ることもあります。
[主な事業者]
TATERU Funding

利回りが高い案件の特徴は?

こうした投資型クラウドファンディングの中で最も利回りが高い案件は、海外の金融事業者に融資するタイプのものです。中には、期待利回りが10%を超えるものもあり、日本の預金金利とは比べものにならないぐらいの高利回りとなっています。

そもそも、海外への融資であることに加えて、個人受け融資が多いことや融資期間が1年超など期間が長いことなどが、高金利の理由として挙げられます。

ほかにも、不動産を担保として不動産事業者に資金を貸す投資型クラウドファンディングでは、運用利回り(年利)7%超となっているものもあります。これは、不動産事業者に対する運転資金を支援するためのローンファンドであり、担保がついている点が魅力といえるかもしれません。なお、投資期間は1年前後のものが多くなっています。

投資するときの注意点

こうした高利回りの案件は、投資期間が1年間を超える可能性があることや、必ず返済されるという見込みがないなどの特徴があるため、リスクが高くなります。

一方で、数か月といった短期間の投資の場合には、ここまで利回りが高い案件は少ないのが現状です。期間が長いほど投資家としてもリスクを負うことになるため、利回りが高くなります。

投資するときの注意点としては、利回りだけを見るのではなく、「最終的に資金が返還される可能性が高い案件か」「返済実績があるか」「資金を貸す・投資先が明確か」「担保の有無」などは最低限確認すべきです。

利回りが高くなるほどリスクが高くなることから、安全性・収益性のバランスを考えて分散投資を図ることが求められます。案件によっては、為替の影響なども考慮しなければなりません。

利回りが高ければよいという発想は見直そう

利回りが高ければよいという発想は、単純に「ふやす」という視点からは望ましいといえるかもしれません。ただし、利回りが高いということはリスクも高くなるということです。仮に、金融危機などが生じた場合には、利回りの高い案件ほど資金が返還されないリスクも高くなるおそれがあります。そのため、国内・海外など地域を分けた投資を行うほか、不動産そのものに投資したり事業者に融資するなど、複数の異なった案件に投資することも検討してみましょう。

また、投資型クラウドファンディングだけではなく、債券や金投資などさまざまな投資に振り向けることでリスクヘッジすることも忘れないようにしましょう。投資は、資産を「ふやす」「守る」という両面から検討することが大切です。